『DSアディポ』で健康不安を解消!

あなたは『アディポネクチン』『DSアディポ』という名前を聞いたことがありますか?

テレビで健康番組をよく見る方なら、長寿ホルモン、超善玉ホルモンという名前を聞いたことがあると思いますが、このホルモンの名前が『アディポネクチン』であり、アディポネクチンを増加させるドクターズサプリが『DSアディポ』です。

では、この『アディポネクチン』というホルモンは体の中でどのような働きをしているのでしょうか?

DSアディポで健康長生き!

・インスリンの感受性を増強し、糖尿病を予防改善する
・脂肪を燃焼し、高脂血症を予防改善する
・血管を修復し、動脈硬化を予防改善する
・血管を拡張し、高血圧を予防改善する
・腫瘍の増殖を抑制し、がんを予防する
           *NHKためしてガッテンより

これ、全部『アディポネクチン』の働きなのです。

今のあなたの健康に関する悩み、これでズバッと解決!となりませんか?

それでは、これからアディポネクチンはどの様な物質で、どうすれば増やすことができるのか、「DSアディポ」はどんなサプリなのかを詳しく見ていきましょう。

⇒すぐ見たい!購入したい方は、コチラの公式サイトへ!

*アディポネクチン値を健康診断などで実際に測定していて平均より高値なのに上記症状が出ている方には、同じ岡部医師監修のドクターズサプリ「DSさらさら」をおすすめいたします。

⇒『DSさらさら』公式サイトは コチラ!
⇒『DSさらさら』解説サイトは コチラ!

脂肪組織とアディポネクチンの物語

今でこそ体脂肪は目の仇にされていますが、脂肪組織には人類を救ってきた大切な役割がありました。

人類の歴史は飢餓との戦いだった!

人類の歴史の中で、長い間問題であったのは飢餓との戦いでした。その戦いの中で勝ち取ったものが必要な時にエネルギーとして取り出せるように体の中に脂肪をため込むことだったのです。

しかし近年、肥満や糖尿病の研究の進歩から、脂肪組織にはもっと大切な役割、すなわち脂肪組織は内分泌器官としての機能があることがわかってきたのです。

脂肪組織から分泌されるホルモンなどの生理活性物質はアディポサイトカインと呼ばれます。

このアディポサイトカインは、肥満と密接な関係にある糖尿病や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の発症に深く関係しているのです

アディポサイトカインは、『善玉アディポサイトカイン』『悪玉アディポサイトカイン』に分けられます。

『善玉アディポサイトカイン』には、食欲を抑える働きのあるレプチンや、動脈硬化を抑える作用やインスリンが効きやすくする作用を持つアディポネクチンなどがあります。

レプチンは体脂肪量が増えるほど増加し、肥満を抑える働きをしますが、アディポネクチンは逆に体脂肪量が増えるほど血液中の濃度が減少し、糖尿病や動脈硬化性疾患のリスクが高まります

一方、『悪玉アディポサイトカイン』には、インスリンの働きを阻害したり、動脈硬化を進展させたりする作用を持つTNF-αや、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを高めるPAI-1などがあります。

そして、善玉アディポサイトカインと悪玉アディポサイトカインは互いに制御しあうことで、糖・脂質代謝や血圧の恒常性を維持しており、この脂肪組織の機能に障害が生じると中高年においてはメタボリックシンドロームの発症に、超高齢者においては身体機能の低下や低栄養などの虚弱につながっていくのです。

次に『アディポネクチン』について見てみましょう。

100才以上の方のアディポネクチン値は高い

年齢100歳以上の方の研究から、100歳以上の方は一般の高齢者と比べてインスリンに対する感受性が高く、糖尿病が少ないことが明らかになっています。

その血液中のアディポネクチン濃度を調べたところ、一般の高齢者や、同じBMIの若者と比べても高いという結果が出ており、アディポネクチン濃度とインスリン感受性が長寿を保つカギとなっていることがわかりました。

慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの研究によると、超高齢期(85歳以上)では認知機能や栄養状態、身体機能が良好に保たれていることが余命延長に関係しており、コレステロール値などはほとんど関係していないことがわかってきています。

アディポサイトカインを分泌する脂肪組織は身体機能や認知機能などとも関わっていることがわかっており、脂肪組織の機能が良好に保たれていること、すなわち善玉であるアディポネクチンやレプチンの血中濃度が高く、悪玉であるTNF-αの血中濃度が低い状態に保たれていることが、余命延長につながると考えられています。

動脈硬化の進行を妨げ、血圧を下げ、インスリンの反応を高めて糖尿病も抑えてくれる長寿ホルモン『アディポネクチン』ですが、

私の血液中のアディポネクチン量は多いの?少ないの?
どうすればアディポネクチン値を高めることができるの?
今、糖尿病(または境界型)なのだか、ほんとうに効くの?

という疑問もわいてくると思います。

この点について、次に見てみましょう。

私のアディポネクチンの量は多い?少ない?

アディポネクチンは、ほかのサイトカインやホルモンと比べて血中濃度が非常に高く、一般的には5~30μg/ml(μg=マイクログラム)とされています。

血中濃度は男性よりも女性のほうが高いことが知られていますが、これは男性ホルモンがアディポネクチンの分泌を抑制するためです。

2型糖尿病や肥満があると、血中のアディポネクチン濃度が低くなることがわかっています。
2型糖尿病患者の中でも、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患を合併した患者では、さらに低いといわれています。

実際、下で紹介するサプリを監修している岡部医師の岡部クリニックの患者さんを調べたところ、アディポネクチン値が一番低い人は1.7μg/ml 高い人は58.5μg/mlでした。男性の平均値は8.3μg/ml、女性の平均値は12.5μg/mlでした。

アディポネクチンの数値は、健康診断(血液検査)の時に自費で、3000~6000円位で測定できる場合もあるので相談してみてください。

なんとかしなきゃぁ~

しかし、なかなか測定もできないという方はアディポネクチン値が低い方に特徴的な傾向がありますので、ご参考になさってください。

1.ウエストが太い 男性85cm以上 女性78cm以上 いわゆるメタボな方
2.20歳の頃より体重が増えた 男性10kg以上 女性8kg以上
3.ウエスト周り(cm)が身長(cm)の半分以上の方

当てはまってしまった方、積極的に『アディポネクチン』を増やすように心がけてくださいね♪

アディポネクチンを増やすにはコレがいい!

内臓脂肪が減ればアディポネクチンは増える

もし、あなたがお腹ポッチャリ体型(内臓脂肪型肥満)であるのならば、一番効果的なのは『減量』です。

上でも述べたように、内臓脂肪が減り適正な値に近づくほどアディポネクチン分泌量は増えるからです。

しかし、努力はするもののなかなか痩せられない方、もともとの数値が低い方(4μg/ml以下の低アディポネクチン血症の方)は、アディポネクチンを増やす成分を積極的に食べ物から摂取していくようにしましょう。

アディポネクチンを増やす物質・食べ物

アディポネクチン自身はタンパク質なので、それ自体を摂取しても胃の中で分解されてしまいます。
そのため体内で効率よくアディポネクチンを増やす食事、サプリメントを摂取するのが良いと言われています。

現在、様々な研究機関の実験によってわかっているアディポネクチンを増やす食べ物・物質は次の通りです。

オメガ3脂肪酸  α-リノレン酸を含むアマニ油、EPA、DHAなど
ノビレチン    かんきつ類のシークワーサーやポンカン、カボスなど
β-コングリシニン 大豆たんぱくの一種で、豆腐や豆乳など
エルゴステロール ビール酵母や干しシイタケなど
γ-オリザノール  米胚芽に含まれるポリフェノールの一種
αピネン/βピネン 松など針葉樹の香り成分
マグネシウム
食物繊維  

『DSアディポ』はドクターズサプリ

では、上にのべたような食べ物をお腹いっぱい食べればよいのでしょうか?

例えば、β-コングリシニンを効果が現れる量食べるとすると、豆腐では2.5~3丁、豆乳ですと毎日1L飲まなければなりません。(納豆には含まれていないようです)

食べられない量ではないですが、毎日毎日食べるのはちょっと大変ですよね。
それで太ってしまっては、元も子もありません。

やはり、食事で摂取するよりサプリメントとして摂取するのが現実的ではないでしょうか?

そこで、おすすめするのが『DSアディポ』というドクターズサプリです。

DSアディポ監修医師、岡部正氏

『DSアディポ』は、「奇跡のホルモン アディポネクチン」、「100歳まで現役 アディポネクチン長寿法」、「ズボラでも中性脂肪とコレステロールがみるみる下がる47の方法」など多数の著書があるアディポネクチンの第一人者である岡部クリニック院長の岡部正医師が、膨大な数の論文からアディポネクチンを増やす確かな成分として選んだ大豆抽出物、シークワーサーエキス、アマニ油の3成分を主成分とするサプリメントです

日本病態栄養学会評議員、日本糖尿病学会認定専門医・指導医、日本肥満学会会員でもある岡部クリニックの岡部医師が監修した本物のドクターズサプリです。

「世界一受けたい授業」や「主治医が見つかる診療所」などテレビにも出演しているので、ご覧になった方もいるかもしれませんね。

ここで、本物のドクターズサプリと言ったのには訳があります。

それは、

アディポネクチンを増加させる成分は入ってはいるが、
その成分がアディポネクチンを増やすだけの有効量入っていない!
というサプリメントもある

からです。

amazonや楽天市場にはいろいろなアディポネクチン分泌増加を謳ったサプリメントが販売されています。

それらのサプリの多くは、ビール酵母エキスや微生物代謝物、米胚芽油、黒ウコンなどを含むものです。

確かに、ビール酵母に含まれる「エルゴステロール」や、米胚芽油に含まれる「γ-オリザノール」はアディポネクチンの分泌量を増加させます。

しかし、そのサプリに含まれるそれらの配合量は一切記載されていないのです。

たとえば、エルゴステロールの効果について見てみましょう。

サプリの原料を供給している研究所でのマウスによる実験結果によれば、ビール酵母由来のエルゴステロールが1%入った餌で15日間飼育してアディポネクチン値が上昇しています。
しかし食事全体量の1%の量というのはかなり多い量と言えるのではないでしょうか。(1日の食事量1㎏だと、10gのエルゴステロール)
サプリとして摂取できる量をはるかに超えているのでは?と考えるのは私だけでしょうか。

DSアディポの効果

一方、『DSアディポ』では、効果が期待できる成分の配合量も記載されていますし、実際に『DSアディポ』を飲んでいる方のデータも示されています

岡部クリニックに通っていらっしゃる動脈硬化や糖尿病の患者さんのうち、アディポネクチン値が低い方に1ヶ月間『DSアディポ』を飲んでもらった結果が出ているのです。

どちらのサプリに効果が期待できるのか一目瞭然ではないでしょうか。

少し高額ではありますが、はっきりと効果が現れているドクターズサプリ『DSアディポ』をおすすめする理由はここにあります。

ご購入、もっと詳細を知りたい方は公式サイトへどうぞ!
 ↓↓↓  コチラ  ↓↓↓